2010年02月06日

【動画で解説】確定申告お助けツール

【動画で解説】確定申告お助けツール

確定申告は自分でデキる!無料会計ソフトを使って帳簿入力。1ヵ月分の領収証を2時間で片付ける個人事業主のための経理術を動画で解説。【全11本 計4時間55分】のビデオで開業から確定申告書作成までの作業を完全ガイド。あなたが初心者でも節税までして簡単に確定申告を終わらせることができるのです。




私はエライ税理士先生ではありませんし、自己満足な小難しいエクセル帳簿を、
あなたに売りつけて経理を教えようとしているわけではありません。

ただ、あなたは”はじめての個人事業の経理”(同名の本があったらごめんなさい)
みたいな本を読んで、本当に正しく帳簿をつけて確定申告できますか?

ふつう無理ですよね。

だって難しくないですか?

いつも思いますけど、経理の本って肝心なところが解らない。

知りたいことが書かれていなかったり、書かれていても意味不明な専門用語で理解不能。

もう、あなたも本読んで勉強するのヤメにしませんか?

じゃあどうすればいいのかって?

初心者がそんなことを出来るようになるには、あるツールが必要です。



裏技があるとか、経理の代行とか、脱税の方法とか、そんな話じゃありません。

いたって、まともな方法です。


・・・

それは「会計ソフト」です。

「会計ソフト」と聞いてがっかりする人もいるかもしれませんが
税理士だって使ってるし、プロはみんな使ってます。

経理を「最速」で「簡単」に「正確」に、こなす一番の強力アイテムです。

会計ソフトなくしては、右も左もわからない初心者が、いきなり帳簿をつけるなんて無理な話です。

だから、

あなたがゼロから始めて
帳簿をつけて、合法的に税金を安くして確定申告をするにはどうしても必要になってきます。

「会計ソフトって高いんじゃないの?」

大丈夫です。

あなたには、はじめに市販の会計ソフトの無料体験版を使ってもらいます。

買ったとしても、個人事業主向けのものは1万円前後なのでお手頃です。

「何言ってんだよ、帳簿のつけ方も知らないのにできる訳ないだろ」

普通はそうです。

買ったはいいけど、そのあと何をしたらいいのか分からなくて挫折している人を
私も大勢知っています。




会計ソフトは確かに経理を簡単にしてくれますが、肝心な帳簿のつけかたが解らなくてはどうにもなりません。

しかし…

私が動画で開業の方法から、会計ソフトの導入、帳簿の入力、決算書の作成など最初から最後まで教えるならどうですか?

できる気がしますよね。

あなたには、【全11本 約4時間55分】の動画を各ステップごとに見てもらい
同時に帳簿を作っていってもらいます。

でも…

どんなに出来のいいマニュアルでも絶対わからないところが出てくるはずです。

そうなったら、あなたは途中で投げ出すに決まっています。

なぜかというと、私なら確実にやらなくなるからです。

最後の確定申告まで自分で出来なければはっきり言って意味がありません。
これでは本屋で売っている難しい経理本と一緒です。


そこで、私は考えました。

もし、分からないことがあればメールで私に質問し、それに回答したビデオを
毎週土曜日に会員の方全員に公開したら、出来るようになると思いませんか?

あなたは、ステップごとのビデオを見て会計ソフトに入力し、
分からないところがあれば、メールで質問する。

その回答をビデオで公開、またはメールで返信する。

この作業を繰り返すことにより、確実に自力で確定申告を行えます。

しかも、税理士さんに顧問をお願いしたら絶対できない、
参加の決定を30日後にできる返金保証もおつけしました。

もし、あなたがこのマニュアルを実践して30日以内に
1ヵ月分の会計データを入力できなければ参加費を全額お返しいたします。




あなたはこれまでに、経理の本を読んだりネットで検索して勉強したことはありますか?

たぶん読んでいるだけだと、ほとんど理解できませんよね。

これは実際に見てもいない、やってもいないことを文字で読んでも学習効果が低いということのあらわれです。

だから教育する側が必ずやらなければならないことがあります。

それは・・・

”デモンストレーションを見せる”ことです。

親鳥は小鳥に、飛び方や餌の取り方を実際に見せて教えます。

子供が自転車に乗れるようになるには、乗っている人を実際に見た方が速く上達します。

あなたが、これから学ぼうとしている経理の方法も同じでデモンストレーションを見ながら学習する必要があります。

なぜなら、その方法が最も効率がいいからです。

特に経理初心者であるほど、その差は明らかに出てくるはずです。

それに、いまさら分厚い本を読んで難しい勉強なんて、したくないですよね。

あなたは忙しい事業主です。

解らないからといって、ネットで検索して、本で調べて、税務署に聞いてみて…
気づいたら一日終わっていた…

そんなことにならないように、徹底的に効率よく、最速で経理をマスターしなければなりません。

そのためには、どうすればいいのか…

そう、

あなたは、動画を見て、ただ私の真似をすればいいだけです。




会計ソフトを使えば経理の知識がなくても知らない間に節税できてしまいます。

一番気が重かった領収書整理の入力も終わらせることが出来ますから、きっと確定申告に立ち向かう勇気が湧いてくるはずです。

だから確定申告を気にせずに、思う存分ビジネスに打ち込めるので事業主としてレベルアップできます。

さらに事業を発展させる意欲が出てくるので、今年の戦略立てに活用できます。

要するに、今のうちに領収書を整理して入力できていると、来るべき日にヒヤヒヤすることなく対応できるのです。

「俺は経理なんて面倒くさいし分からないから」といって一般の詳しい人に任せても、そこにミスがあれば実際に税金を払うのはあなたです。

だからといって税理士さんにお願いするのも費用がかさみます。

また、記帳をサボっていると確定申告真際では、税理士さんも忙しいです。領収証だけ持って行っても申告代行を断られる可能性があります。

もしそうなれば

申告期限に間に合わず更に税金をとられて、青色申告の資格を取り消される…
なんてことになりかねません。

「じゃあ、会計ソフトを買えばいいんだな」といって会計ソフトを買ったはいいけど、設定してからあとは何をすればいいか分からないという人が大勢いるのも事実です。

アタマでは分かっていても手が動かないんですよね。

あせって本屋に駆け込んで、ちっともわからない本を読んでウダウダと時間だけが過ぎていき…

そうなれば、本業がストップして、その間の売上がストップするはめに。

領収書の山を見てはうんざり…

だからといって申告、納税することから逃げていると数年後にやってくる税務調査で加算税や延滞税などの罰をうけるのです。

記帳をサボって、確定申告前に困って
「1年に一回締めてみないと税金がいくらかかるかわからない」
なんて恐ろしい経営したいですか?
posted by 確定申告 at 06:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。